ムーヴオン!観た映画の感想・考察ネタバレあり解説

最近観た映画の感想・考察・解説を独自視点でやってます!おすすめ映画ランキングなどもたまに発表してます!忌憚ない意見が特徴!※完全ネタバレなので見てない人は注意

ポール・ニューマン

ハスラー2

1986米 マーティン・スコセッシ監督

元敏腕ハスラーのエディ(ポール・ニューマン)。
かつての死闘から25年の時が経ち、
今では酒のセールスをしながら愛人と暮らしていた。
そんな中店でビリヤードをプレイするヴィンセント(トム・クルーズ)という若者と出会う。
才能溢れるヴィンセントに若かりし頃の自分を重ねたエディは、
ヴィンセントと彼の恋人カルメンとアトランタ大会に向けて武者修行の旅に出る。
金を稼ぐ為には上手く負けなければいけないと教えるエディに度々反発するヴィンセント。
二人の間に入るカルメン。
ある町でエディは一人でプール・バーに出かけ、
若いハスラーを見破れずカモられてしまう。
エディは自分に失望し一旦ヴィンセントたちのもとを去る。
そして旅の当初の目的であったアトランタの大会で順調に勝ち上がるエディとヴィンセント。
二人は対決しエディが何とか勝利する。
意気揚々とするエディだったが、
ヴィンセントはその試合でエディに金を掛けておりわざと負けたという。
プライドが許さないエディは再度ヴィンセントに勝負を申し込み、
現役復帰を宣言。

ハスラーの続編ですが、雰囲気が全然違います。
若い頃のエディとヴィンセントはあまり重なりません。
二人の男の青春物語とみれば楽しめます。

ハスラー

1961米

ハスラーとは賭博で金を巻き上げる者のこと。

若きハスラーのエディ(ポール・ニューマン)は相棒のチャーリーと賭けビリヤードで荒稼ぎしていた。
ある日ミネソタのファッツという負け知らずの太った男と勝負する。
序盤は大幅に勝ち越していたエディだが、
調子に乗り36時間という長丁場の末に大敗。 
落ち込むエディはバスの駅で知り合った情緒不安定なサラという女性と同棲を始める。
ある日エディはいつものように素人からビリヤードで金を巻き上げるが、
ハスラーだという事がばれて親指を折られる。
サラの看病で何とか回復したエディだったが、
ファッツとの試合で知り合ったバードという男とくみ、
サラも連れて賞金稼ぎのたびへ。
サラは勝負にのめり込むエディと金に執着するバードについていけず、
ホテルで自殺してしまう。 
絶望したエディは再びミネソタのファッツと大勝負を繰り広げこれを制す。
分け前に執着するバードに真の敗者お前だと言い放ち終わり。

汗だくになりながら長丁場に敗れたり、指を折られたり。
賭けビリヤードを通じて若いエディが絶望し、
そして成長するというハードボイルドな映画です。
ビリヤードだけで生きていこうという姿勢は男らしいですね。
賭けだけで旅をする生活に憧れます。
カテゴリー
  • ライブドアブログ