1995 米墺瑞

ヨーロッパの列車で出会ったアメリカ人旅行者で学生のジェシー(イーサン・ホーク)とフランス人女学生セリーヌ。ウィーンの駅でジェシーはセリーヌに一緒にこの駅で降りてみようと提案する。夜通しウィーンの町を歩きがら仲を深めていく二人。やがて陽がのぼり、別れの朝に再開を誓い合う。

いきなり二人が知らない駅に降り立ち、そのあとはずっと歩きながらの二人の会話。それがなぜこんなにも感動するのか。それはこの映画が恋愛の本質をついてるからのような気がします。とてもロマンチックで衝撃を受けた映画です。ウィーンの町並みも憧れます。これとガタカでイーサン・ホークがすきになりました 。