ムーヴオン!観た映画の感想・考察ネタバレあり解説

最近観た映画の感想・考察・解説を独自視点でやってます!おすすめ映画ランキングなどもたまに発表してます!忌憚ない意見が特徴!※完全ネタバレなので見てない人は注意

ロバート・ダウニー・Jr

アベンジャーズエンドゲームの感想(※ネタバレ有り)!!

※この記事はネタバレ含んでいるのでアベンジャーズエンドゲームを観賞した方のみご覧ください!

久しぶりのブログ更新で胸がソワソワ?している。

4/26にアベンジャーズ エンドゲームを観てきた!MARVELシリーズはアイアンマン1から割と好きで観ているのだが、今作はその集大成といえる名作になった。

考察については他のブログで書いているので、こちらでは感想だけまとめてみる!

エンドゲームの良かった点は、タイムトラベルという設定にしたことである。

タイムトラベルはバックトゥザフューチャーをみてもわかるように、細かい点はさておき過去の自分や肉親に会うという人間の願望の根本的な部分を叶えることができる。(過去の自分の健気な姿を見たい!過去の家族の頑張りを見たいって誰しもが考えたことあるよね!)

アベンジャーズは登場人物も多いので、タイムトラベル設定にするとそういった感動が掛け算的に増して行くのである。

そう考えると監督のルッソ兄弟や製作陣からはそこまで計算してタイムトラベルにしたのではという計算高さも伺える。

もう一つ非常に感動できた理由は、過去をなかったことにしなかった!という事。
タイムトラベルものでは時間を遡り過去を改変するという技が使われることがあるが、アベンジャーズ エンドゲームはあくまでも過去は変えられないので、現在の2023年で失われた仲間を取り戻し、サノスをも倒した!

サノスによる失われた5年間を受け止め、それでも前に進もうとしたアベンジャーズは最高の感動を与えてくれた!Rest and peace!



参考文献
アベンジャーズエンドゲーム 考察 ネタバレあり!
エンドゲームのタイムトラベル考察! 

アイアンマン 

2008米

スターク・インダストリーズの社長で天才発明家でプレイボーイのトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、自分が開発した軍事ミサイルの宣伝のためにアフガニスタンを訪問するが、ゲリラに拉致られてしまう。ゲリラに襲われた際の爆発で胸に破片が刺さり、特殊な電磁石で破片を胸に留める事で一命を取りとめた。ゲリラの武器作りを強制させられる傍ら、密かにアイアンマンスーツを作ってアジトから脱出。この経験から自社の軍事産業撤退を表明したが、副社長に裏切られ、アイアンマンスーツ同士で対決することになる。

ロバート・ダウニー・Jrが演じているせいか、トニー・スタークは天才で皮肉屋なのに好感が持てる。社長秘書役のペッパー(グウィネス・パルトロー)が魅力的。 とても楽しめる映画です。
カテゴリー
  • ライブドアブログ