ムーヴオン!観た映画の感想・考察ネタバレあり解説

最近観た映画の感想・考察・解説を独自視点でやってます!おすすめ映画ランキングなどもたまに発表してます!忌憚ない意見が特徴!※完全ネタバレなので見てない人は注意

ティム・バートン

スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

2007米英 ティム・バートン監督

ミュージカル映画。

15年間無実の罪で投獄されていた理髪店のベンジャミンは、スウィニー・トッド(ジョニー・デップ)と名を変えて再びロンドンのフリート街に舞い戻る。すると以前住んでいた家は街で一番不味いミートパイと評判のラベットのお店になっており、周辺では物乞いの女が度々奇声をあげていた。トッドはラベットから自分の妻が悪徳判事タービンにに迫られ毒を飲んでしまった事、当時赤子だった娘はタービンに幽閉されていることを聞き出す。復讐を誓ったトッドはミートパイのお店の2階で理髪店を始め評判を上げ判事タービンをおびき寄せる作戦に出る。その過程で理髪店に来た客の喉を次々とかっ切り、下のラベットのミートパイの店に突き落として人肉でパイを作る。人肉だと知らない人々はこんな美味しいミートパイはないとラベットのお店に殺到する。
トッドはついに幽閉されていた娘を救い出し、判事タービンのの喉をかっ切って復讐を遂げる。
そして近づいてきた物乞いの女の首も容赦なく切るトッド。女の首を切っているのを見てしまったトッドの娘。フードを取ってよく顔をみるとそれは変わり果てた自分の妻だった。妻は死んではおらず精神を病み物乞いとして街を彷徨っていたのだった。トッドは妻が死んだと嘘をついたラベットを燃え盛るオーブンへ放り込む。そして妻を抱きながら最後は自分も殺されてしまう。

ティム・バートンとジョニー・デップの真骨頂。壮大なブラックジョークですね。歌がみんなすごっいよかったです。歌を歌いながら人肉パイを作っている描写が楽しめるかそうでないかで好き嫌いが分かれます。

バットマン リターンズ

1992米

前作に引き続きティム・バートン監督、マイケル・キートン主演。
今回はペンギンが出ます。子供ごころにペンギンは怖かったですね。
話は、クリスマスに奇形で生まれ両親に捨てられ、下水道で動物のペンギン達に育てられたペンギンが、成長しギャング団を結成。クリスマスにバットマンを追い詰める。キャット・ウーマンのミシェル・ファイファーも素敵でした。キャットウーマンの衣装の黒ビニール感も印象的。前作同様暗い雰囲気で僕は好きです。ティム・バートンとマイケルキートンであと1本くらいバットマンシリーズを作ってほしかった。クリスマスにお勧めの映画です。

こちらの記事もぜひ読んでみてください→バットマン・リターンズを徹底分析して評価 

バットマン

1989米 監督ティム・バートン 主演 マイケル・キートン

バットマンとジョーカーが戦う話。ヒースレジャーの死後はクリスチャン・ノーラン監督のダークナイトがよく話題に上がりますが、ジャック・ニコルソンのジョーカーも大好きです。いかにもパーティーマンという感じではっちゃけてます。全体的に暗く陰鬱な雰囲気で、ティム・バートン節がところどころ見られます。少年時代に両親を殺され、トラウマに苛むバットマンに焦点が当たっているのが特徴です。歌手のプリンスがこの映画のサントラという形でほぼ自分のオリジナルアルバムを作っています。かっこいい曲ですが本編ではほとんど使われてなかったような、、、

映画バットマンについては、こちらの記事もおすすめです→バットマンを徹底分析して評価
カテゴリー
  • ライブドアブログ