ムーヴオン!観た映画の感想・考察ネタバレあり解説

最近観た映画の感想・考察・解説を独自視点でやってます!おすすめ映画ランキングなどもたまに発表してます!忌憚ない意見が特徴!※完全ネタバレなので見てない人は注意

トム・クルーズ

ロック・オブ・エイジズ

2012米

同名のブロードウェイミュージカルの映画化。

ロック歌手を夢見て田舎から一人ロサンゼルスにでてきたシェリーは、
同じくロックスターを夢見る青年ドリューに出会い、
偉大なロックバンド「アーセナル」を輩出した
老舗ライブハウス「バーボンルーム」でウェイターとして働く事になる。 
シェリーとドリューは恋仲になるが、
ドリューはバーボンルームでのアーセナルの解散ライブの際、
シェリーがフロントマンのステイシー(トム・クルーズ)と仲良く喋っているのを目撃し、
浮気したと勘違い。 二人は別かれてしまう。
シェリーは生計を立てるためシャルリエ(メアリー・J・ブライジ)のストリップバーで働く。
ドリューはステイシーの悪徳マネージャーにスカウトされたが、
時代の流れからやりたくないHIPHOPをやらされる。
やがて何もかも上手くいかない二人は再会し、浮気の誤解も解ける。
また悪徳マネージャーの企みで
アーセナルの解散ライブの儲けが入らなかったバーボンルームは
経営難から脱出する事ができず、
時代の流れからロック反対派市長夫人の
パトリシア(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の団体から店撤退のデモに遭う。 
ステイシーはバーボンルームに恩があるため、
悪徳マネージャーに高級ワインを飲みながら小便をかけ解雇、
バーボンルームにて単独ライヴを企画。 
前座でドリューとシェリーも出演し、ステイシーのライブも大成功、
ロックは不滅なのであった。

80年代ロックが好きな人にはいいですね。
バーボンルームのオーナーとロック大好きスタッフの男同士の恋愛も笑えます。
基本何も考えずに見れる映画です。
トム・クルーズのロックスターっぷりがアクセル・ローズと重なりとてもいいです。
ロック反対派と賛成派のデモ対決ではセバスチャン・バックやヌーノ・ベッテンコートらがカメオ出演。
なにかとてんこ盛りなミュージカル映画。
 

ハスラー2

1986米 マーティン・スコセッシ監督

元敏腕ハスラーのエディ(ポール・ニューマン)。
かつての死闘から25年の時が経ち、
今では酒のセールスをしながら愛人と暮らしていた。
そんな中店でビリヤードをプレイするヴィンセント(トム・クルーズ)という若者と出会う。
才能溢れるヴィンセントに若かりし頃の自分を重ねたエディは、
ヴィンセントと彼の恋人カルメンとアトランタ大会に向けて武者修行の旅に出る。
金を稼ぐ為には上手く負けなければいけないと教えるエディに度々反発するヴィンセント。
二人の間に入るカルメン。
ある町でエディは一人でプール・バーに出かけ、
若いハスラーを見破れずカモられてしまう。
エディは自分に失望し一旦ヴィンセントたちのもとを去る。
そして旅の当初の目的であったアトランタの大会で順調に勝ち上がるエディとヴィンセント。
二人は対決しエディが何とか勝利する。
意気揚々とするエディだったが、
ヴィンセントはその試合でエディに金を掛けておりわざと負けたという。
プライドが許さないエディは再度ヴィンセントに勝負を申し込み、
現役復帰を宣言。

ハスラーの続編ですが、雰囲気が全然違います。
若い頃のエディとヴィンセントはあまり重なりません。
二人の男の青春物語とみれば楽しめます。

ミッション・インポッシブル2

2000米 ジョン・ウー監督

休暇に命綱なしのロッククライミングを楽しむイーサン(トム・クルーズ)。
そんな彼のもとに新たな指令が届く。

今回の指令は元IMFのテロリスト、ショーンが奪った殺人ウィルスキメラとその解毒剤ベレフォンを奪還することだった。
元ショーンの恋人で女泥棒のナイアを仲間に入れるためにスペインへ向かうイーサン。
しかしナイアにあった瞬間お互い惹かれ合ってしまう。

任務とだと言い聞かせナイアをショーンのもとへ送り込むイーサン一行。
ナイアのおかげでショーンがまだ解毒剤のベレフォンしか手に入れてないことがわかるが、
ショーンはナイアの裏切りに気づいてしまう。

先にキメラを破壊するべくバイオ研究会社に侵入するイーサンだがショーンに待ち伏せされ窮地に。
イーサンを救うためナイアは残り一つとなったキメラウィルスを自分に注射する。

なんとかバイオ会社から脱出したイーサンとナイアだが、ナイアの命はあと30時間に。

イーサンは解毒剤を手に入れるためショーンのアジトに単身乗り込み壊滅させる。

映画ミッション・インポッシブルシリーズは動画配信サービスU-NEXTで無料期間で見られます。
アクション映画の醍醐味が詰まっています。
ナイアとイーサンがフラメンコ劇場で出会うシーンはロマンチック。
バイオテロの阻止という目的がありながらイーサンもショーンもナイアに対しての感情丸出しで、最後はバイクでぶつかり合い、殴り合い。
こんなにカッコいい痴話喧嘩も珍しいですね。
  

ミッションインポッシブル ローグネイション

2015米
ミッションインポッシブル3作目と4作目はあまり好みではなかったのでどうなることかとハラハラしておりましたが、見終わるとシリーズ最高傑作くらいの出来でした。冒頭から飛行機につかまるイーサン。あいかわらずカッコイイ。ベンジーとルーサーのコンビも今回は活躍の場面が沢山あり、そこにジェレミーも加わる形でした。トムクルーズ1人に焦点が当たりすぎないほうがシリアスになりすぎずにいいのかな。ヒロインとイーサンが巨大回転プールにデータをの書き換えのために突っ込むミッションが最高に見ごたえありました。時間が許せば何回も見たいアクション映画です。
カテゴリー
  • ライブドアブログ